まとめる時に借金がなくなったと錯覚しない

カードローンに限らないのですが借金と言うものは返済計画がたった時点でもう返したような気がするものです。実際にはまだこれから返していくのですが、今までの返す当てがない不安な状態から気分的に抜け出した所為でしょうかもう何もかも済んだようなすっきりした気持ちになってしまいます。将来の計画が立てば安心が得られてすっきりとするのは当然でですが、そういう感情的なことだけで何かが解決する訳ではありません。特におまとめローンで一本化したときに何が変わったのかといえば、よく考えてみれば分かりますが、ほとんど何も変わっていないのです。以前グレーゾーン金利があり非常な高金利で消費者金融を利用していて過剰融資、多重債務に陥った人の状態なら、銀行などで大幅に金利が下がるおまとめローンを組むことが出来れば状況は大幅に改善されるので、破産するしかないと言う状態から返済していける状態へ変わるのは確かですが、今はそうではありません。おまとめローンを組むことが出来れば金利は少し下がります。これはおまとめローンの条件で必ず下がります。しかし今のローンではそれ程下がる余地がそもそもありません。少ししか分からないのです。それ以外は一本化して返済が面倒でなくなるくらいで何か大きな変化があるわけではないのです。まとめることで返済期間が延び月々の返済額は減るかも知れませんが、むしろ返済金総額は増えている可能性が高いのです。それなのに返済の目処がついたことで既に返済したような錯覚が起こります。何も済んでいないのに、もう済んだことのような気がしてしまいます。実際にはただまとめることが出来ただけです。この錯覚からこのタイミングで新しい借入をしてしまう人がいるのです。おまとめローンは任意整理ではないので新しく借り入れることが出来るところもあります。おまとめローンで一本化して返済中の人にお金を貸す金融機関もどうかと思いますが、これでは破綻するしかないです。ぜひまとまっただけだと冷静に考えてください。

↑ PAGE TOP